城南メンエスMAX

東京は城南地区のメンズエステを中心に活動しています。2015年から行き始め、週1-2回の訪問を3年。年間100店・3年間で600万円以上使っちゃった\(^o^)/(貯金できないわけだ) 当方がメンエスに求めるものは、自然な流れで起きる「過剰体験」。

タグ:三軒茶屋

201908sancya_45



三軒茶屋って当たりハズレの振れ幅がでかい。初回セラピさんには90分で入るようにしはじめた@suki_kamipanです。

三茶〇〇はこの地域では有名なほうの店舗さんでしょう。気になるセラピさんの写真を見てボリュームある乳と谷間を確認できたので予約のお電話。この地域は予約取りやすくてよいですな。

よくあるマンション前へ到着。部屋番号確認のための電話をするも、電話出てくれない。電話切られる。なんとか繋がった電話で部屋を教えてもらうものの、疲れてるのか寝不足のようでぶっきらぼうな対応。これはちょっと不満点っすな。

部屋へ到着すると、メンエスでは珍しく明かり全開の部屋。なんでこんなに明るくしてるの?雰囲気作りとかしないの?と疑問に思ってしまうセラピさんで、お店の対応のこともあり評価はグングン下がっていきます。

写真通りの巨乳ではありますが、お顔がうーんといった印象。好きな人は好きでしょう。接客姿勢は悪くなく、会話も普通にこなしてくれて、お客に合わせてくれる姿勢は好印象です。

「90分にしておいてよかったぜ」と胸をなで下ろしながらお会計とシャワーを済ませると、今度は逆に明かりがほとんどない状態へ。分かってやってたんかなと。

ソファ騎乗位から始まる密着OPIマッサージ。体感D-EくらいのOPIへ顔をダイブ。悪くない。

OPIダイブの時間を思いっきり堪能しているとマットへ移動指示をもらいます。酔っ払って疲れていたので、そこまで上手ではないうつ伏せオイルマッサージを普通に受け、「びみょ〜」と感じながら時間だけ過ぎ去っていきます。

何も期待していない中で流れが変わったのは、正座セラピの上にのっかるアレです。分かる人には分かってもらえるあの姿勢です。この姿勢になったら嬢から息子が触りやすいという特長があると思っているのですが、そこは期待通り息子をしっかりTKKで癒してくれるではないですか。分かってますね!!

そんな正座TKKタイムは長くはなく、仰向け指示をいただくころには、過剰への期待が膨らむばかり。

仰向け鼠径部からオイルがはじまり、太ももと太ももを卍がらめにしてもらいながら気持ちいい体位を繰り広げてくれます。さきほどのTKKがあってから、マーメイド太ももはどうでもいいのです。


早く触ってほしい


それだけを願う@suki_kamipan


仰向けTKKがはじまったのは終了10分前コールから。

ゆっくりと、それでいて緩急を付けて454545。

「いいじゃんいいじゃん。やってくれるんじゃん」とウキウキ気分に。

とはいえ、酔っ払い+前日オナニーというコンボにより、そこまで気持ちよさを感じることはできなかったのですが、なんとか果てたい!と思い下半身へ力を入れます。

「あと5分くらいあるからね」と優しいお言葉をもらいながら、セラピの優しさに触れますが、結局このときはいけず。。。

また機会があれば再訪してリベンジしたいと思います。





お店:三軒茶屋 詳細はマガブロで
女の子:Iさん 詳細はマガブロで
コース:120分のみ
パック掲載の有無:8月パック掲載アリ


かわいさ・きれいさ:5
スタイル :6
衣装 :7
指圧 オイルマッサージ :6
会話 :8
密着 :6
総合評価:6


女の子を確認する
※記事を購入することで、店名と女の子の名前を確認できます。


夏の過剰祭りパック開催中
http://suki-kamipan.blog.jp/archives/19138742.html


201905sancya



三茶のお店増えたな〜とお店のページを見ていると、若め巨乳Fカップセラピさんがいるではないですか。これは良さそうだなと反応した息子と相談し、電話すると「今からいけます」という地雷臭ただよう返答でしたがアロマ〇〇の〇〇さんに突撃。

オナ禁中に見るセラピスト宣材写真の巨乳の谷間だけでお店に凸ってしまうんですから、息子が言うこと聞かないのです。


若干特殊な建物に案内されるとそこは緑の楽園。行ったことがある人なら必ず覚えているだろう内装です。あれはどういう趣味趣向でなってるんでしょうね。オーナーのこだわりなのでしょうか。




対面したセラピストさんはすぐさま女の顔になったので少しばかり期待してお会計へ。容姿はロリっぽい感じがする女の子で、XXできるならまぁいいかなという印象。特段キレイという感じはしないです。妹キャラで今時風が好きな人にはおすすめできます。さて、衣装チェンジが半額とのことでフルオプションで臨みます。

シャワーを手早く終わらせ部屋へ戻ると、あれ衣装チェンジしてない。

お?どういうことだ。と思ってると、衣装どれがいいですか?と聞いてくるではないですか。かわいらしいベビードール風の衣装を選択し着替え待ち。この衣装が後からまったく意味をなさないことを知ります。

談笑しながらうつ伏せでそこそこ上手いマッサージを堪能しています。オイルはそこそこうまい。「うんいいよいいよー」とは思うのですが、鼠径部はほぼないに等しい感じ。

四つん這いするものの、なんだか垢抜けない対応をされ、全然メンズエステじゃないんですよね。本人いわく、メンズエステで働くことに抵抗があるようです。

「風俗じゃないしはじめたんだけど貯金だけが貯まっていくんですよねー」とかなんとか。うん。どうでもよし。こりゃあかんセラピストやと思ってテンションだだ下がり。ま、仰向け楽しむのはこれからだしなーと思ってるとタイムアップのお知らせ。。。

肝心の施術時間配分は、うつ伏せ50分ほど→四つん這い10分弱ほど→うつ伏せ30分ほど→仰向け10分ほど。驚愕の仰向け10分。

お分かりでしょうが、仰向け10分のために衣装チェンジをお願いしたようなものです。大好きな巨乳も拝めなければ、衣装を楽しむ時間もほぼありません。これで120分29000円は高すぎる。高すぎますよ!オーナー!

120分コースだとデフォルトでホイップがあるので、前回来た時のセラピさんは4545してくれたんですけどね。

とはいえ、この時の当方は疲れが疲れに溜まっており、こちらから積極的に展開できる気力がなかったことを後悔しております。。。今回はそこに持ち込むスキルが当方になかったということでしょう。。。いかなる時も過剰へ持ち込むために日々鍛錬を積もうと思った瞬間でありました。



お店:三軒茶屋アロマ〇〇
女の子:Hさん
コース:120分+フルオプション
パック掲載:無し


かわいさ・きれいさ:5
スタイル:7
衣装:7
指圧 オイルマッサージ:5
会話:7
密着:1
総合評価:3

20181105ecup


ふらっと訪れた三軒茶屋で見つけたEカップ、もといメンズエステ店。始めて入る女の子でしたが、遅めの夜に関わらず、テンション高く話しやすい女の子でした。あまり目立つお店ではありませんが、完全個室の空間は人目を気にすることなく施術を受けられるのはいいですね。


Eカップを味わえる女の子を確認する
※一定数に達した場合、早期終了する可能性があります。
ご了承ください。


容姿 5

ひどくはありませんが、かわいさも特にありません。至って普通のOL事務方にいそうな女の子。笑う時の表情がキュンとします。素朴な黒髪女子を求めている方にはいいでしょう。

スタイル 7

おっぱいだけで10点満点中7点を差し上げたい。衣装に収まりきらないEカップは、体感だとFはありそうなほどボリュームたっぷり。30台には見られなくなる胸の張りも目を見張るものがあります。

衣装 6

Eカップを見渡すにはほどよい露出具合。上半身ばかりに目が行ってしまう当方でも足のラインがきれいに見えます。すべすべの足はメンズエステにかかせませんからね。

指圧 3

うーむ。研修してるんですかね?レベルで、ちょっと仕事舐めてる感ありましたね。おっぱいさえあればいいのでスルー。

オイルマッサージ 4

オイルに入ってもちょっと微妙な流れです。研修やり直しをオススメします。ですが、仰向けからの添い寝おっぱいは、自分から触ってほしいアピールの連続で、自分から手を出すことは少ない当方でも堪能させていただきました。手に余るほどのEカップのハリは触り心地良く…○首も…。

また楽しませていただきます。


会話 7

冒頭にお伝えした通り、テンション高い感じなので、話していて飽きません。本人のキャラとしてそれが一番しっくりくるんでしょう。当方としては話しながら自然とOPPIタイムに…ごほんごほん。


密着 2

オイルマッサージの密着は期待できませんが、添い寝を密着と考えると最高ですね。Eカップが目の前にありますから。

                  
総合評価 6

お気に入り嬢の1人に入りました。触りたくなればいつでも触れますからね。完全個室空間というのもポイント高いです。他人の目を気にせずにEカップおっぱいをあーでもないこーでもないといじれます。

ポイントとしては、触らせる男を選んでいないと思わせる発言があった点です。これにより、メンズエステを楽しみ尽くしたい方には絶好の女の子といえるでしょう。

Eカップを味わえる女の子を確認する
※一定数に達した場合、早期終了する可能性があります。
※体験内容は個人が経験したものであり、全ての人が受けられる保証はありません。
ご了承ください。

↑このページのトップヘ